LAVAの「マタニティヨガ」の内容と効果|妊娠中・産後でも大丈夫?

LAVAの「マタニティヨガ」の内容と効果|妊娠中・産後でも大丈夫?

LAVAのマタニティヨガの内容

LAVAのマタニティヨガのレッスン内容は、初期から出産本番まで参加可能なマタニティヨガベーシックと安定期から出産本番までに参加が可能なマタニティヨガリフレッシュの二つです。
マタニティヨガベーシックはマタニティヨガの基礎クラスで、赤ちゃんとのつながりを大事にすること、リラックスすること、妊娠中の自分の体の変化についてよくしることがテーマになっています。
マタニティヨガベーシックでは、出産の時の呼吸法、ママに楽な座り方、お腹にいる赤ちゃんとの過ごし方を学びながら、快適な妊婦生活が過ごせるようなレッスンです。
マタニティヨガリフレッシュでは、ベーシッククラスで学んだことを応用しながら実践し、また妊娠中に起こるさまざまなマイナートラブルのケアをしながら、出産に必要な体力をつけていきます。

 

LAVAのレッスンの流れ、どんなポーズがあるのか

レッスンではまず、目を閉じて腹式呼吸をして体の準備をしていきます。準備が終わるとポーズをしていきます。
LAVAのマタニティヨガでは、妊婦さんでも負担のない基本的なポーズが多いです。
例えば花のポーズといって、あぐらになり合掌し深呼吸しながら腕など伸ばしていくポーズや、花輪のポーズといって、和式トイレの時の恰好をして骨盤底を開くポーズや、シムスのポーズといって、横向きに寝て、上のみ足をまげてリラックスするポーズ、他にも正座をし体の前で腕をクロスし、肩甲骨をほぐしていくことにより、母乳の出を良くするためのポーズや、片足を上にあげて膝が伸びた状態で自分に引き寄せてむくみなどを解消するポーズもありました。
また瞑想を通してママと赤ちゃんの絆を深めていきます。

 

LAVAのマタニティヨガの効果

妊娠中は子宮が大きくなり肺が圧迫されるため、呼吸が苦しく感じられます。ヨガに必要な深呼吸をすることによって、自律神経が整う、赤ちゃんに酸素、栄養を届ける、体の緊張をほぐす、ストレス軽減、睡眠の質を上げるといった効果があります。
瞑想では、母性が育つ、赤ちゃんに会いたい気持ちが高まる、つわりが軽減するといった効果があります。またアーサナ「ヨガのポーズ」で妊娠中に最適なヨガのポーズを学び、妊娠、出産に必要な体力をつけ、妊娠中のマイナートラブルなどを改善していきます。妊娠中は体の変化、色々なことを我慢しなくちゃいけないというストレス、つわりなど様々なトラブルがあります。マタニティヨガでは、心身共にリラックスすることにより、妊娠中の不調などを軽減していきます。

 

LAVAのマタニティヨガを受けてみた感想

私はつわりがひどくずっと家に引きこもりで、また初めての妊娠ということもあり不安やストレスで体はボロボロになっていました。つわりがおさまり、出産に向けて体力をつけたい、マタニティライフを楽しみたい、体の不調を改善したいと思い友達にLAVAのマタニティヨガを教えてもらいマタニティヨガにチャレンジしてみました。行くまではすごく緊張しましたが、周りもみんな妊婦さんなのですぐになれることができました。レッスンでは今までバキバキだった体がほどけていくような感覚ですごく気持ちがよくて、赤ちゃんともつながっているような気がしました。またインストラクターの方もとても優しく丁寧に襲えてくださいました。おかげでしんどいと思っていたマタニティライフの考え方を変えることができました。

タイトル
今ならキャンペーン実施中♪

>>ホットヨガLAVAの体験申込みはこちら